那須地区広域行政事務組合

文字サイズ大中小
背景色標準黄色黒色
  1. トップページ
  2. >事業紹介
  3. >ごみ処理事業(広域クリーンセンター大田原)

事業紹介

ごみ処理事業(広域クリーンセンター大田原)

広域クリーンセンター大田原事業

広域クリーンセンター大田原は、国のダイオキシン類対策の強化に対応し、住民の健康と環境負荷の低減を図るために、大田原市・那須町の1市1町の共同ごみ処理施設として平成15年4月から稼動しています。
日量120t(60t/日×2炉)連続燃焼の焼却施設と焼却灰及び飛灰をさらに高温(1,400℃)で減容無害化処理するための燃料燃焼式灰溶融炉(19t/日)を備えており、さらに排ガス処理のためのバグフィルタや触媒脱硝設備、溶融飛灰を安全に処理するためキレートとセメントで固化する混練機等、公害防止対策には最新の設備と最高の技術を導入し、万全を期しています。
また、粗大・不燃ごみや資源ごみを破砕・選別し、鉄やアルミなどの資源物を回収するリサイクル施設(14t/日)及び家具再生工房、廃食油石けん工房や環境学習室等を配したプラザ施設が総合的に整備されています。

施設概要

施設名 広域クリーンセンター大田原
所在地 栃木県大田原市若草1-1484-2(案内図)
連絡先 TEL 0287-20-2270 FAX 0287-20-2272
敷地面積 約22,500㎡
延床面積 11,591.52㎡
内訳
ごみ焼却棟
6,149.76㎡
計量棟
108.90㎡
リサイクル棟
3,710.64㎡
ストックヤード棟
441.00㎡
プラザ棟
1,181.22㎡
着工
ごみ焼却施設
平成12年12月25日
リサイクルプラザ
平成13年10月12日
竣工
ごみ焼却施設
平成15年3月1日
リサイクルプラザ
平成15年3月27日
建設費
ごみ焼却施設
71億4,000万円
リサイクルプラザ
14億7,756万円
処理能力 ごみ焼却施設
内訳
ごみ焼却炉
60t/24h×2炉
灰溶融方式
19t/24h
リサイクルプラザ
内訳
粗大・不燃ごみ
6.2t/5h
かん類
5.8t/5h
ペットボトル
1.6t/5h
トレイ
0.4t/5h
設計施工 ごみ焼却施設   Hitz日立造船株式会社
リサイクルプラザ 日立造船・那須土木・青木建設特別建設共同企業体
施工監理 株式会社 総合エンジニアリング