那須地区広域行政事務組合

文字サイズ大中小
背景色標準黄色黒色

灰溶融施設

設備概要

焼却灰及び飛灰の減容化

溶融することにより焼却灰及び飛灰は、40~60%程減容化されます。これにより、埋め立てした場合、最終処分場は従来に比べて約2倍の延命化が図れます。

焼却灰の無害化・安定化

焼却灰及び飛灰に含まれる有害物質、とくにダイオキシン類を分解し消滅します。また、溶融固化されたスラグに含まれる重金属の溶出は一切ありません。

公害防止対策
  • 灰溶融炉
  • 溶融ダスト処理装置
  • バグフィルタ